尼崎市の牛嶋歯科医院ではインプラント治療もミニインプラント治療も可能です。またインプラントだけでなく入れ歯/義歯についてもご相談下さい。

医療法人うしじま歯科クリニック
お問い合わせリンクサイトマップ
診療科目一覧当医院の方針初診の流れ設備紹介お問い合わせアクセススタッフ紹介・募集

牛嶋歯科医院求人情報紹介
兵庫県尼崎市の牛嶋歯科医院では、只今、歯科衛生士を募集しております。求人要項を当Webサイトにて掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
 歯科衛生士求人要項
 エントリーフォーム(応募)

MTB歯ブラシ
MTB歯ブラシは、歯と歯の隙間や歯の凹みの歯磨きに最も適した歯ブラシです。
MTB歯ブラシの詳細は、上記バナーかこちらをクリック>>>


予防歯科(PMTC)

歯周病

口臭

顎関節症


噛み合わせ

歯ぎしりとクレンチング

歯の根の治療

小児矯正

ノンメタル

ノンインプラント

歯列矯正

入れ歯(義歯)

インプラント
 トップページ > 診療科目一覧 > インプラント

 歯を失った人の悩みを解消する第2の永久歯 インプラント

 インプラント治療とは?
インプラント治療とは、歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。

素材はチタンで、金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。

部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

インプラント治療なら次のような悩みを解決することができます。
インプラント治療解説図


 インプラント治療で、こんな悩みを解決!

<ケース1> そもそも歯がない!
 事故で前歯がなくなってしまった。
 生まれつき歯の生えてこない部分がある。
 ブリッジができない。
   (丈夫な歯がない・歯が全くない)
→
インプラントは埋め込み可能
たとえ周りに健康な歯がなくても
インプラントは埋め込み可能です。

<ケース2> 他の歯も大切!
 健康な歯はなるべく削りたくない。

ブリッジ治療では欠損部分の両隣の健全な歯を削って人工歯(冠)をかぶせますが、インプラント治療では健全な歯を傷つけず治療できます。
(入れ歯のように、支えの歯も必要ありません。)
→
ブリッジ治療とインプラント治療の比較

<ケース3> 入れ歯が不満!
 入れ歯には抵抗がある。
 入れ歯が会話の途中で外れてしまう。
 入れ歯の安定が悪くて物がうまく噛めない。
   味わえない。
 人前で自信がなくなった。
→
複数のインプラントで、総入れ歯もしっかり固定
複数のインプラントで総入れ歯をしっかり固定すれば、これまでの入れ歯のようにぐらつくことはありません。まさに自分の歯が蘇る感じです。


 インプラント治療をはじめる前に
インプラント治療は、虫歯のように、歯科医院に行けばすぐ治療してもらえるというわけにはいきません。治療を始める前に、残っている歯の歯周病などの病気は治療しておく必要があります。また、外科手術を伴うため、重い糖尿病や肝臓疾患などの症状がある場合は、治療を見合わせることもあります。安全に治療を成功させるためには、治療前に次のような診査を行います。
問診 ・全身疾患の有無    ・喫煙の有無、量
・局所的な問題(歯ぎしり、その他の咬合習癖など)の有無
・審美的要求度      ・経済的、時間的制約など
 
視診・触診 ・顎の骨が極端に減っていないか
・残存歯の歯周病がコントロールされているか
・相対する歯との咬み合わせなど
 
レントゲン/CT ・骨の量の確認
 
歯牙歯列模型分析口腔内写真 ・欠損部分の確認
・残存歯の状況
・咬み合わせなど
以上のように、インプラント治療を始める前には、上記の診査を行います。それでは、次に実際のインプラント治療の流れを解説致します。

 インプラント治療の流れ(2回法の場合)

診察・診断
問診、触診、レントゲン写真、CT、
歯牙歯列模型、口腔内写真
診察・診断イラスト

インプラント
埋入前の処置
口腔内の清掃徹底
残存歯の治療
(歯周治療、カリエス治療、咬合治療など)
骨造成、上顎洞底拳上術、顎堤増大術など
インプラント埋入と同時に行うこともあります。
インプラント埋入前の処置イラスト

インプラントの
埋入手術
一次手術(インプラント埋入手術)


期間:上顎4ヶ月〜1年位/下顎2ヶ月〜4ヶ月位
一次手術(インプラント埋入手術)イラスト

二次手術(頭出し手術)、歯肉移植手術

仮補綴物装着

抜糸

仮補綴物の修正
二次手術(頭出し手術)イラスト
インプラントの
頭出し手術
上部構造製作
印象採得(型どり)
咬合採得(咬み合わせの記録)
試適
装着

期間:2週間〜2ヶ月
上部構造製作イラスト・写真

メンテナンス
メンテナンスの期間は患者さんの口腔内の状況、清掃状態によって異なります。 メンテナンスのイラスト・写真
こちらでは、2回法という治療法を紹介しましたが、1回の手術で必要な手順まで進める1回法や、さらに数時間〜数日で人工の歯を装着する即時負荷などの治療法が新たに開発されています。いずれの治療法も全て患者様、全ての治療箇所に適用できる方法ではありませんので、綿密な治療計画が必要です。インプラント治療をお考えの方は、牛嶋歯科医院に起こし下さい。患者様に一番適したインプラント治療をご提案させて頂きます。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>



 インプラント治療法と従来の治療法との比較

ケース1:歯が1本抜けた場合
従来の治療方法
インプラント治療
歯が1本抜けた場合
「歯が1本抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
両隣の健康な歯を削ります。また、ブリッジの土台となっている歯や歯茎に負担がかかります。
インプラント治療
両隣の健康な歯をけずることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取り付けます。

ケース2:奥歯が数本抜けた場合
従来の治療方法
インプラント治療
奥歯が数本抜けた場合
「奥歯が数本抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
入れ歯を固定する金具や床が不快に感じられたり、健康な歯に負担がかかる場合があります。
インプラント治療
金具付き入れ歯ではなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込みます。

ケース3:歯が全部抜けた場合
従来の治療方法
インプラント治療
歯が全部抜けた場合
「歯が全部抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
固定するものがないため、入れ歯が動いたりします。
インプラント治療
数本のインプラントを植え込み、入れ歯を維持装置で固定します。
このように、従来の治療法とインプラント治療を比べて頂くと、いかにインプラントが効果的な治療であるかをご理解頂けると思います。インプラント治療にご興味がおありの方は、お気軽に当院へお越し下さい。もちろん、インターネットからもお気軽にお問い合わせ下さい。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>



 インプラントQ&A

インプラントは何歳までできますか?
A.骨の状態がよければ、80歳を越える人でも可能です。ちなみに、骨粗鬆症と診断されている方
   でも不可能ではありません。

どのくらいの期間でできますか?
A.本数処置の仕方、ご本人様の骨の状態によって異なりますが、基本的にインプラントが骨と癒
   着するのに2ヶ月〜6ヶ月かかります。治療期間で考えると4ヶ月〜12ヶ月かかります。期間を
   長く感じられるかもしれませんが、通院の回数は少ないです。いずれもインプラントの種類や治
   療内容によって異なります。

入院の必要はありますか?

A.通常、健康な方の場合ありません。


インプラントの治療費は、どの程度かかりますか?

A.今のところ残念ですが、自由診療扱い(=自費)となっています。尚、インプラントの本数・種類な
   どによって費用は異なりますので、当院へお越しの上、お気軽にお問い合わせ下さい。


インプラントに寿命はありますか?また、寿命がある場合どのぐらいもちますか?

A.インプラントは、歯茎となじみがよく、腐食しにくい上部な治安を使用しているため、多くの方は長
   期間使用できますが、インプラント治療後のメンテナンスを怠ると天然の歯と同様、歯槽膿漏の
   状態になり、インプラントが抜け落ちることがあります。
   インプラントをする人は、特に口の中の衛生状態に気をつけ、きちんと定期健診を受けることが
   長持ちさせる秘訣です。


インプラント治療は、誰でも受けることが可能ですか?

A.以前とは違い、顎の骨の量がかなり少ない人でもインプラント治療を受けられるようになりました
   が、次のような方は、今のところ治療をうけることができません。

 全身的な問題
・一般の外科手術に耐えられない人
・重度の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する人
・頭蓋、顎骨部に放射線照射治療の既往のある人
・喫煙量の多い人
・薬物やアルコール中毒の人

 局部的な問題
・顎の骨が極端に吸収されている人
・歯周病がコントロールされていない人
・相対する歯とのスペースがとれない人
・歯ぎしりの強い人

   その他、審美性が強く要求される場合、インプラントでの回復が難しい場合もあります。また、骨
   を再生しなくてもよい場合でも、通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的に
   制約のある人には不向きです。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>



 ミニインプラントシステムについて
直径1.8mmの細いチタン製ネジ状のものを歯茎の上から粘膜を切らずに埋め込みます。麻酔をしますので、痛みはありません。そして入れ歯の裏側に特殊な金具を付けてちょうどホックで留めるように入れ歯とネジと「カチッ!」とかみ合い簡単に入れ歯を留めたり外したりできます。短時間の簡単な手術で治療後すぐに食事が出来、入れ歯がはずれることはありません。

ミニインプラントのメリットは・・・
・痛みはほとんどありません。    ・歯茎を切ったりしません。
・治療後すぐに食事ができます。  ・手術は簡単、短時間です。
・入れ歯が動かなくなります。    ・入れ歯の着脱が自由です。
ミニインプラント

 ミニインプラントは、次のような方にお勧めです。 
 入れ歯が動いて不安感のある方
 固いものやひっつくものを普通に食べてみたい方
 十分に噛めないので胃腸が弱い方
 入れ歯を気にしないで思いっきり会話をしたり、笑ったりしたい方
ミニインプラント

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>



 ミニインプラントQ&A

治療は難しいのですか?
A.歯茎を切ったりするような手術ではないので簡単で短時間で終わります。

治療後どのぐらいで食事ができるのですか?
A.すぐにできます。

治療や治療後の痛みは?

A.麻酔をしますので、その時はチクッとしますが、治療中や治療後はほとんど痛みはありません。


どの位持つものなのですか?

A.患者さんの治療後のお手入れが良ければそれだけ長く持たせることが出来ます。


入れ歯接着剤とどのように違うのですか?

A.入れ歯接着剤は入れ歯を安定させますが、ひっつくようなお餅や固いものは食べられません。
   ミニインプラントはそれが可能です。


保険で出来ますか?

A.保険が全く使用できませんので、治療費全てが自費払いとなりますが、今まで食べられなかっ
   たものが入れ歯を気にしないで食べられる様になる快適さはお金にかえることが出来ないと思い
   ます。


アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>


 

All rights reserved (C)USHIJIMA DENTAL CLINIC